借金で死ぬ社長と死なない社長の違い

日本の会社の数って知ってますか?

「平成26年経済センサス-基礎調査」によると、

380万以上の会社があるんですね。

その内、99%以上が中小企業。

その99%の中小企業の内、小規模事業者といわれ

る企業が85%以上、実に325万社以上あります。

小規模事業社とは、

製造業で20人以下、卸売業やサービス業、小売業

で5人以下の従業員のいる会社の事です。

また、国税庁が2014年3月に発表した

「平成24年度分法人企業の実態(会社標本調査)」

でわかった事は会社全体の70%以上が赤字会社で

あると・・・

って事は単純に商店街にあるお店の10件に7件は

赤字のお店って事に・・・Σ(・□・;)

今日はそんな赤字の会社の社長の借金のお話し。

スポンサーリンク

借金が借金を生む仕組み

いわゆる町工場と言われる工場や商店街などのお店

の経営は大変。

上記でも書いたけど、10社に7社は赤字。

赤字という事は、会社やお店にお金がないので借金

をしていることころが殆どで、日々の資金繰りにも

困ってるところが多いと思う。

以前、自分は経営コンサルタント会社でコンサルタ

ントをしていて、担当した会社もそんな会社が多か

った。

幸い、自分の担当していたクライアントではなかっ

たんだけど、同僚のクライアントでは何社かの社長

が自殺してしまった話しを聞く機会があった。

自分も起業して会社を興し、8年後に倒産の経験を

しているのでよくわかるんだけど、

資金繰りに行き詰まると本当に生きた心地がしない

んだよね(;´Д`)。

小さな会社の場合、会社で借金をする場合は社長自

らが保証人にならないと貸してくれない金融機関が

殆ど。

なので、会社で返済が出来なければ保証人である社

長自身が返済を迫られる。

会社が赤字でお金がなくて返済出来ないのに、社長

がお金を持ってるはずが無いのに・・・

なら、返済するお金がない場合はどうするか?

先ずは、親・兄弟に借金のお願いをし、それがダメ

だと友人・知人。

それも無理だと最悪、消費者金融で借りて返済する

という、借金で借金を返す負のスパイラルに陥って

しまう。

そんな自転車操業をしていると、借金が雪だるま式

に増えていき、返済をする為に消費者金融での借り

入れも出来ない状態になる。

そうなるともう当然、首が回らない状態に・・・

そうして、最悪な事に借金を苦に自殺してしまう

社長がいるという事実。

毎年、借金を苦に自殺をしてしまう社長はかなりい

ると思う。

自分がコンサルタントをしていた時と起業をしてい

た時の情報と経験でいうと、すごく多いように思う。

でも、実際に借金をしていても死ぬ社長もいれば、

死なない社長もいる。

では、その違いは何か?

借金で死ぬ社長と死なない社長の違い

会社を経営していて、資金繰りが厳しくて、借金を

して経営を立て直しをしようとしても、上手くいか

ずに赤字続き、そしてまた資金繰りに行き詰まり、

借金をしていくの繰り返し。

そしてどんどん借金が増えていき、資金繰りにも

行き詰まり、借金を苦に自殺してしまう・・・

でも、借金をしていてもそれを苦と思わずに元気に

働いてる社長も当然多い。

では、借金を苦に死ぬ社長と死なない社長がいるの

は何故か?

自分の経験上、

借金で死ぬ社長と死なない社長の違いは、

精神的な強さでもなければ、借金の取り立てがキツ

いとかでもない。

ぶっちゃけ、借金の額の問題!

自分がコンサルタント時代の経験したクライアント

の社長の自殺の殆どの借金の額が近い金額だった。

この借金の額は多いからではない。

逆に多ければ多いほど、死ぬ人は少ない様に思う。

実際に自殺に追い込まれている社長の借金の金額は

数百万程度の借金が一番多い。

では何故、数百万の借金で自殺する社長が多いのか?

自分の推測だけど、実際にイメージ出来る金額だか

らではないかと思う。

数百万円というリアルにイメージが出来る、身近に

実感できる金額だからこそ、借金の危機感が強く感

じる事が出来る金額だからだと思う。

借金の金額が数千万や数億円という額だと、漠然と

しすぎていて、イメージもわきにくい。

数百万円という身近に感じられる金額だからこそ、

返せる、返せないがリアルに感じ取れる金額だから

そのプレッシャーに疲れ、負けてしまい死という

選択をしてしまうのではないのか?

と自分は思う。

自分も最悪の時は家の借金も合わせて億を超えた。

確かに万策尽きて返済が出来なくなり、会社を潰し

てしまった。

会社の保証人になっているので、会社が潰れた今で

もかなりの金額の負債はあるけど、今も元気に生き

ている( ゚д゚)

正直、自分も借金の金額は数百万円という金額だっ

たら、返せる・返せないというギリギリの精神状態

に陥って精神的に疲れ果ててたと思う。

でも、実際に借金が数千万円だと金額が多すぎて

ぶっちゃけ実感がわかない。

こんだけ借金の金額が多いと返せないという思いが

強く、逆に気が楽になる。

そういう意味で、イメージが出来ない程多い借金だ

からこそ、危機感も実感がないから精神的にも追い

詰められる状態にはいかないのではないかな?

と思う。


スポンサーリンク

借金で死ぬ位なら、死ぬほどあがこう!

自分は数千万円の会社の借金を抱えた。

そんな自分だからこそ、会社を潰した当時から借金

の事を死ぬほど勉強した。

ネットで検索しまくったり、いろんな人に聞いたり

教えを乞う事で、借金に対する知識を増やしてきた。

そのおかげ? で、今でも貧乏だけど元気に生活で

きている。

家も失わずに何とか生活できている。

借金も少しづつだけど、返済も出来ている。

日本という国は、知らない事で損をする事が多い国

だと思う。

だからこそ、知識武装をする事で損をしないように

しないといけないと思う。

この事についてはいいたい事がいっぱいあるので、

別の機会に書こうと思う。

最後に

借金で死ぬなんて勿体無いし、お馬鹿な事。

足元ばっかり見ているから悲観的になっていまう。

先ずは、足元ではなく視線を前に向けて行こう!

今はすごく良い時代。

スマホからでも検索する事でいろんな事を知る事が

できる!!!

借金の事だって、知らないから怖い。

知る事で恐怖を克服できるし、改善策だって探す事

が出来る。

先ずは、知る事!

自分もそうして、今も貧乏ならが元気に生活出来て

いる。

もちろん、嫁さんの存在も協力もすごく感謝してい

る、鬼嫁だけど・・・(笑)

なので、借金は怖くはないし、死ぬ事もない!

ではでは!

スポンサーリンク