タイヤの交換時期、判断は?

先日『車のオイル交換、こまめにすり事が大事!』
ではオイル交換やその他のこの梅雨の時期のメンテ

ナンスの事についての事を話したんだけど、タイヤ

の事については話していなかったので、今回は

タイヤの事について話しをしてみようと思う。

自分の場合、車のメンテナンスについては、走る・

止まる事にはお金をかけるべきと思ってる。

例えば、オイル交換やタイヤ交換・ブレーキパット

交換については最低限、気を付けている事。

その中でもタイヤについては一番重要。

タイヤの交換の目安はタイヤが消耗してスリップ

サインまですり減った時とタイヤが劣化してヒビ

割れとパンクした時の3つだと思う。

で、今の自分の車のタイヤの状態がこちら

走行面については、多少のひび割れがあるけど、

スリップサインまではすり減ってない状況。

現状では交換まだ大丈夫と思ってる。

ただ、タイヤのローテンションは5千キロ毎に必ず

やっている。

ローテンションをする理由は2つ

一つは交換時に異常が無いかのチェック。

もう一つは、均等にタイヤを使ってあげる事。

こうする事で前後のタイヤの減りをなるべく均等

にする事で効率よくタイヤを使う事ができるので、

効率良くタイヤの交換ができる事。

スポンサーリンク

実際のタイヤの交換時期っているなの?

パンクした時やスリップサインまで消耗した時は、

当然交換なんだけど、じゃ~それ以外の交換時期は

何時?って事なんだけど、タイヤって実際に何年使

えるのだろう・・・( ゚Д゚)

一般的に言われているのが、5年位。

プロじゃないので、タイヤの劣化具合を正確に把握

は出来ないんだけど、おおよそだけど自分の経験則

では、実際に使用頻度によって変わるけど、5年が

一つの目安かな?って思う。

確かに5年経ってもても溝が殆ど減ってない場合や、

車庫などの保管状況によっても変わってくるけど、

ヒビ割れもない場合もあるんだけど、安全を考える

5年を目安にと交換した方がいいのかな?と思う。

タイヤはゴムなので当然劣化をする。

タイヤはゴム製品。

ゴムなので当然、劣化する・・・

家にある輪ゴムで考えるとよくわかる。

家の中で放置されている輪ゴムって時間が経ってい

ると、ちょっと伸ばしただけで切れるよね。

タイヤと輪ゴムは、当たり前だけど成分が違うから

一緒とは思わないけど、同じゴムなので経年劣化は

絶対にある。

特に炎天下に野ざらしで駐車している車のタイヤな

ら、車庫にいれている車よりも劣化は早いと思う。

もし、高速道路で走っててバーストなんてしたらと

考えると恐ろしすぎる・・・

なので、5年前後経ったらタイヤの交換をそろそろ考

えた方がいいと思う。


スポンサーリンク

出来たら国産or有名タイヤメーカ-のタイヤがお勧め!

最近、エラい安いタイヤをよく見かけるようになっ

た気がする。

なので、ふところ事情で安いタイヤをチョイスする

人が増えたと思う。

ただ、自分的にはまだ不安があるので、自分の車に

には国産のメーカーのタイヤを選んでいるんだけど

・・・

嫁さんの往復20キロ通勤使用のシエンタには、

その安いタイヤをチョイス(汗)

嫁さんはコスパ重視 Σ(・□・;)

感想としては、走行時のタイヤの音が結構するけど

高速時についても走行自体には全然問題はない。

音についてもラジオや音楽をきいているので、全然

気にならず、問題無しとの事。

まぁ~嫁さんがいいならいいんだけどね。( ゚Д゚)

まとめ

タイヤは車で最も重要な部品のひとつ。

安心して安全に快適なカーライフを送る為にも

日ごろからのケアを心掛けていこう!

ではでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする