大学進学は工業高校でも商業高校でも進学出来る

先日、偶然に高校時代の同級生に街中で会って井戸
端会議。

懐かしいのと、お互いの近況報告などなど、いろん
な話しに花が咲いた!

お互いに中学3年生の子供がいるのがわかって受験
の話しでお互いに情報交換。

まぁ、この時期なのでちょっとピリピリムードが漂
って

ただ、ウチの子供については、中学受験で公立の中
高一貫校に入学しているので、今年は受験がないの
でちょっぴり罪悪感というか、居心地が悪い感じ。

で、友人の今年高校受験のお子さんは次男で長男は
工業高校高の3年生との事。

友人の長男は工業高校って聞いたから、てっきり就
職だと思ったら、進学との事。

受験大変だなぁ~て思っていたら、友人の長男は早
々と指定校推薦で大学に合格しているとの事なので、
受験は次男だけらしい。

その次男君も長男の様に専門性の高校を受験すると
の事。

で、次男君も専門性の高校から大学を進学希望らし
いんだよね。

でも、普通は大学進学するなら高校は普通科に通っ
て受験するのが普通だと思っていたのに、専門性の
高校から大学進学の話しがあり、かなりびっくりと
いうか、疑問に思った。

なので、率直に友人に聞いてみたところ、高校受験
からの大学進学の意外な 盲点を聞けたので、この
件を書いてみる事に。

スポンサーリンク

専門性の高校って、就職率がいい!

専門性の高校っていわゆる、商業・工業・農業高校。

自分がもう30年以上前の高校受験の頃は、たいてい
は普通科に行くのが当たり前の時代。

専門性の高校は普通科よりもレベルが低く、どちら
かというと敬遠されがちな高校。

でも、専門性があるって事は逆に専門分野を勉強す
るので、そういった資格を取りやすい。

商業系なら簿記や情報処理とか、工業なら電気工事
関係やフォークリフトの免許などなど。

なので、就職には当然有利。

ただ、あの時代は人数も多く普通に大学や専門学校
まで進学するという風潮が強かったし、今の高校の
様に、多様化はまだしていなかった様に思う。

なので当時の認識のままで、専門性の高校の場合、
卒業後の進路は就職だと思っていた。

今の高校ってすごく多様化しているんだ・・・

男親って正直、自分の様に現状の高校については詳
しくは無いよと思う(汗)

子供については、母親任せに・・・を友人と通じて
実感(苦)

友人の旦那さんも同じらしい。

知らなかったんだけど、今の高校って単位制になっ
ていたり、普通科の高校でも私立高校の様に特別進
学クラスがあったり、専門性の高校も工業と商業が
合わさった総合高校になっていたりと、昔と今の高
校事情に正直、ついていけてない感じがした。

子供の人数が減り、高校の数も余りだして廃校や合
併などで、多様化してきたのかなぁ~って感じ。

で、専門性の高校についてもより専門性に特化した
高校がでてきているのかな?
まだ、正直によくわかってないんだけど・・・

何なので、友人の子供が専門性の高校から大学に進
学するって聞いたのは、びっくりだったんだよね。

てっきり、卒業後の進路は就職だと思っていたので、
進学っていう進路は認識の中には無かったので。

たいていの同世代の親も自分と同じ認識の人が多い
のでは? と思う。


スポンサーリンク

専門性の高校からの進学は意外と盲点だった!

友人の話しからすごく意外に思たのは、実は専門性
の高校の進路には、就職の他にも大学進学という進
路があるらしい。

いわいる、商業大学や工業大学や農業大学やその分
野の学部などの推薦が結構あるらしい。

でも、生徒の大半が就職をするので指定校推薦枠が
結構あまっているらしいって事を聞いてびっくり!

友人の長男は工業系の高校で電気工事士2級やその
他にもいろいろ資格を取得していて、そして高校で
の成績も良く、指定校推薦で大学に合格したみたい。

これって意外に盲点じゃね?って思ったんだよね。

だって専門性の高校に行って、その分野の資格を取
れる勉強・環境があり、そして進学も可能って普通
科の高校に行って大学進学よりもすごく有益だと思
ったし、資格も持っているから大学後の就職につい
ても有利だよね。

自分の下の子供は今、中学一年だけど、ただ普通科
の高校に進学して大学に進むよりも、専門性の高校
に行って、資格も取りつつ大学進学もアリな選択の
一つかな?って。

まとめ

専門性の高校の大学推薦枠が余り気味なのであれば、
そっちから大学に進学する道は十分に有意義。

子供にも、高校受験の事や将来の事を一緒に真剣に
話てみようかなって素直に思えるすごく良い機会に
なったなぁ~って友人には感謝している。

同世代の子供がいるなら、専門性の高校も進学の選
択の一つとして、子供と話し合ってみてもいいかも
しれませんね!!!

ではでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする