パソコンを購入するなら、おすすめのスペックと買い方。

新年度、入学や就職で準備するものの一つにパソコ
ンがあります。

はじめてのパソコン購入ではいろいろと悩みますよ
ね。
よくありがちなのは、パソコン初心者がよくわから
ずにスタッフの言いなりになって高いパソコンを購
入させられるパターン・・・

確かに高いパソコンは全てが高機能(パソコン用語
として、高スペックと呼ばれています)なので、ど
んな用途にも問題なく対応できますが、最初から高
スペックだからと言って、自分のパソコン能力が高
スペックな訳ではないので・・・

別な言い方をすれば、運転初心者がF1に乗るよう
なもので、まともに動かせないと思う。
そんな状態では、軽自動車にF1ドライバーが運転
する車の方が、絶対に早い!

道具は道具であって、使いこなせてなんぼです。

仕事柄、自分もパソコンは不必要にたくさん持って
いる(汗)ので、よくどんなパソコンを購入したら
いいか聞かれます。

なので、今日は初心者にオススメなスペックのパソ
コンの選び方をお伝えしていこうと思います!

スポンサーリンク

パソコンを購入するならどんなパソコンを選べば良いか!

写真を見ていただけるとわかると思いますが、写っ
ている3代の他に、更に3台で合計6台のパソコン
を持っています・・・

実際には、2台は仕事で使っているパソコンが壊れ
た時の緊急時に使う予備用としてストックしていて
、基本的に3台のパソコンを仕事で使い分けてをし
ています。

これからパソコンに慣れ親しむのであれば、普通は
1台で十分でしょう。

自分みたいなのは、オタクですね(汗)

まずは最初に決める事として、デスクトップかノー
トパソコンにするかです。

デスクトップとは、ディスプレイと呼ばれる画面、
テレビみたいなものと考えるといいですね、それと
本体の箱とキーボードとマウスと呼ばれる操作機器
で、机に置くタイプで移動には向かないタイプです。

ノートパソコンとは文字通り、ノート見たいに持ち
運びができるタイプです。

このデスクトップとノートパソコン、違いは持ち運
びが出来るか、出来ないかです。

また、ノーマルタイヤはデスクトップの本体部分を
ノートパソコンの中に収める為、部品がデスクトッ
プの部品よりも小さい為にノートパソコンの方が、
同じスペック(機能や能力)でも高額んあります。

要は、同じ機能や能力で、
安いけど持ち運べないのがデスクトップ。
高くて持ち運べるのがノートパソコンと思ってもら
えればよいと思います。

パソコンを購入するなら最低限知っておくべき3つの部品

パソコンを購入する時に、最低限この3つを押さえ
ておけば、大丈夫だと思います。
自分も購入する時はこの3つで選んでいます。

CPUとメモリーとハードディスクの3つです。

CPUとはパソコンの心臓部分。
例えるなら、仕事や作業をしている人。
CPUが優秀かそうでないかで、処理の速さが
決まります。

メモリーは多いか少ないかで作業効率が変わります。
例えるなら、机ですね。
広いか狭いかで作業のスピードが変わります。

ハードディスクは記憶に当たる部分です。
例えるなら、机の引き出しです。
多いいか少ないかで、資料の記録を入れられる量が
変わってきます。

でも、この3つを一番良いもの、大きいものにする
必要は必ずしもないんですよ。

スポンサーリンク

自分がおすすめするパソコンのスペックは!

この記事を書いているのが2019年1月時点です。
では、自分が初心者にオススメしているスペックは
CPUは、
予算重視ならi3で余裕があればi5。
メモリーは、
4G(ギガ)以上であれば問題ないです。
ハードディスクは、
250G(ギガ)以上です。

このスペックのパソコンであれば、初心者でも十分
以上です。
ただ、注意が必要なのはあくまでもネットゲーム以
外での使用の場合です。

ゲーム以外での一般的な使い方、ネットや計算、ワ
ープロなど、ビジネスや家庭で使用する場合は全く
このスペックでも問題は無いですが、ネットゲーム
の場合はこのスペックでは支障をきたす場合がある
ので、ネットゲームをメインで使用する場合には、
家電屋さんでスタッフの方に聞いて、購入するパソ
コンを選ぶ事をおすすめします。

また、ソフトが無いとパソコンは使えないので、ソ
フトについては、有料のものから無料のものまであ
るので、自分が使いたい内容によって選択する必要
があります。

まとめ

パソコンはあくまでも道具。
安かろう悪かろうだと作業時間が異常に掛かったり
もするので、最低限のスペックを備えたパソコンを
購入する事をオススメします。

ではでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする