不正な引落しはドコモ口座だけじゃない、フィッシング詐欺は偽サイトに注意 そのⅠ

ここ数日で急にドコモ口座に関する被害が出て、世

間を騒がせていますよね・・・Σ( ̄□ ̄)

今回の詐欺被害、今までの迷惑・詐欺メール被害と

大きく違う点が一つ。

それは

被害者の知らないところで勝手にドコモ口座を作ら

れて、そこからの引き落とし・・・

それも自分ではなく、勝手に作られた自分の

ドコモ口座からの引き落とし。

何が怖いかって言うと、第三者に

・自分の氏名

・自分の預け入れをしている銀行

・生年月日

・口座番号

・4桁の暗証番号

が知られている事なんだよねΣ( ̄□ ̄|||)

一体、どうやって・・・

マジで考えると、えげつない程ヤバい状況だよね。

これってドコモだけじゃなく、他でも悪用可能だし、

どうやって個人情報を取られたのか・・・

スポンサーリンク

偽サイトによるフィッシング詐欺が原因か?

一説には、金融機関の偽サイトによる個人情報の漏

洩ではないか? って言われてる。

今回、ドコモ口座による被害の大半は都市銀行と呼

ばれている大手銀行よりも地銀と呼ばれている地方

銀行に口座を持っている被害者が多い事。

偽サイトによる、不正に個人情報を搾取する方法は

セキュリティ対策が強固な大手銀行を避けたのでは?

って考えられてるみたい。

実際に個人情報を搾取する金融機関の偽サイトが

地方銀行や信用金庫で多く見つかっているらしい。

で、この偽サイトで搾取された個人情報をもとに

ドコモ口座を作成され、お金を不正に引き出された

のでは? と考えられているみたい・・・

偽サイトもそうだけど、個人情報を騙し取られる手

法は今、かなりあるので本当に気軽にスマホやパソ

コンで電子決済をするのが怖くなる。

マジで何を信じれば・・・って感じ。

本当に巧妙に作られている偽の金融機関のサイトっ

て一見では違いがわからないみたい。

なので、スマホやパソコンで銀行とのネットでの

やり取りを始めたばっかりの人には、見分けるのが

正直難しいと思う。

自己防衛で個人情報の漏洩から自分を守る

金融機関の偽サイトの様なフィッシングサイトに引

っ掛からないようにする為には、ある程度の知識を

自分でも持つ事が大事かも知れない。

また、セキュリティ対策も有料のソフトから無料の

ソフトまでたくさんのセキュリティ対策対策がある

から、自分に合うセキュリティ対策ソフトを導入す

る事も必要。

詐欺に引っ掛からない為にもしっかりと自分でも知

恵や知識を持つ事をしないとね。

自分の事は自分で守る、これが大事!

スポンサーリンク

引っ掛からない為の自分の場合のセキュリティ対策

自分の場合、ネットで銀行とのやり取りをする場合、

もちろん、暗証番号は自分自身とは全く関係の無い番

号を設定している。

これだけでもセキュリティ対策にはなると思う。

結構ありがちな生年月日や電話番号や住所の一部と

か、身近な数字を使うのではなく、

例えば初恋の人の誕生日(笑)だとか、記憶に残っ

ている記念の日だったり、(但し結婚記念日とかは

無しね)、第三者には普通にわからないけど、自分

にだけは強烈に記憶している日やなにかの数字を暗

証番号にするとか。

あとは、自分のネットで使用している金融機関はネ

ットで検索して表示するのではなく、金融機関から

提示されたURLを手打ちして、そのURLを登録

し、それを使用。

これで、ある程度の個人情報の漏洩を守れると思う。

間違っても、メールからきたURLからログインは

絶対にダメ。

本当にそのメールが正しく、金融機関から来たメー

ルかがわからないから!

基本的に自分はメールから来るものは自分の名前が

記載されていても信じない様にしている。

便利な世の中になってきたからこそ、危険も隣り合わせだと思え

便利な世の中になってきた。

預金の引き出しもわざわざ銀行へ行き、印鑑を捺印

して引き出さなくても、キャッシュカードで近くに

あるコンビニなどでも引き出せるようになったし、

現金を持ち合わせなくても、カードでの支払いも出

来る、便利な世の中。

だからこそ、危険も身近に・・・

自分を守る事ができるのは自分自身。

出来る事はしっかりとやり、自分を守っていこう!

次回はドコモ口座ではない、別のお話しを!

ではでは!

スポンサーリンク